FC2ブログ
現在の閲覧者数:

脱いだら…スゴイんです(笑)ポロリなのでR18です~////

坂崎若です!


今日で三月も終わりですね…早い
二月は逃げる、三月は去るとは良く言ったものです
消費税は上がるし…色々ハァ~~な感じですが、悪あがきしたところでどうしようもないので!


消費税も問題ではあるんですが、最近ペン入れ出来ない病に罹ってしまい~
鉛筆で描いたときは、まぁイイか?って思えても、ペン入れすると死んだ魚みたいになってしまって↓
克服出来るまでは鉛筆画を中心にUPしていこうと思ってます…らくがきばかりでスミマセン


今回の絵は、『月よ、星よ』のシオンです~。
シオンの全身像って描いたことがまだなかったので(苦笑)
そして「脱いだら絶対スゴイよね!!」と、妄想爆進で裸族にしてしまいました~
例の部分がポロリしてるので、追記に折り畳んでUPしております


※18歳未満の方の閲覧はご遠慮くださいませ。
年齢に達していて大丈夫な方のみ『続きを読む』をクリックしてご覧くださいませ。
尚、スマホでご覧の方は画像がスクロールするだけで出てきますのでご注意ください!!
少し下げたところにUPします(^^;



続きを読む

スポンサーサイト



彰吾さんと千聖さん、描かせて頂きました♪R18です~////

坂崎若です!


前回の記事でちょこっと触れましたが…ペン入れした絵にトーン貼りが出来たので完成しました~
久々の絡み絵です…激しくはないのですが~
でも真っ裸でくっついてるので、R18にさせて頂きますね~
18歳未満の方の閲覧はご遠慮願います。
大丈夫な方のみ『続きを読む』をクリックしてご覧くださいませ!
スマホでご覧の方は直ぐに画像が出て来るのでご注意くださいませm(__)m
少し下げたところにUPしておりますが~(^^;



今回のイラストは、いつもお世話になっておりますはのん様宅で現在連載中の『月・雪・花(ツキ・ユキ・ハナ)』から、彰吾さんと千聖さんを描かせて頂きました
ML大好きなワタシは超!ツボのお話で~
もう大好きで、我慢ならず描いてしまいました!!
いつも大切なキャラを描かせてくださって、ありがとうございます~


はのん様のステキブログはこちらを文字クリック♪『はのんのBL部屋』


続きを読む

コラボさせて頂きました☆part3

坂崎若です!


はのん様とのコラボも、第三弾までになりました~!
今回登場するコも、初顔です~(笑)
今まで登場してきたコと、徐々に係わってくるはずです…いや、係わります
そして、シオン、カイ、トールは狼さんでしたが、このコは山猫さんです(笑)
前回の記事で描いたコがラフだったりします~


いつもながら、はのん様のお話を書かれるスピードの速いこと速いこと!
本当に素晴らしいなぁ~と、感心しきりなワタシなのでした
はのん様のステキブログはこちらです~♪『はのんのBL部屋』


それではご覧くださいませ


坂崎若でした!


※※※


『月よ星よ』


<登場人物>


ノアアイコン『ノア』…山猫。他の山猫とは違い毛色が真っ黒なこともあり、仲間からは離れて暮らしている。


※※※


 山猫のノアは得意になって森の中を颯爽と駆けていた。
 しなやかな身体。だがその毛色は山猫にはありえない黒色だった。
 どうして自分だけこんな色に…?
 でもそんなの関係ない。
 こうやって無事に一人で生きている。





 とんとんと木の上に駆け上りそして木の上で枝に寝そべって一休み。
 長くて細い尻尾を優雅に垂らし毛づくろいを始める。
 赤い舌で手を舐め身体を舐め綺麗にする。





 ノアは住む家はない。いつも寝床は外だ。満天の星空がいつも優しくノアを包んでくれるのだ。
 分かっている。種が一緒でも毛色の違う自分は番(つがい)を持つのは難しい。
 オンナは強くて優秀な種を残したがる。そこにまるで異種のような自分が入れるはずもないんだ。
 子を残すのも不可能。
 ずっと一人で生きて一人で死んで行くんだ。





 …別にそれでいい。どうせ子だって一人前になれば独立して一人で暮らすようになっていくんだから。





 ぽん、とノアは木から飛び降りた。
 いつもの縄張りの見回りだ。
 何も変わりはなく異常もない。
 「つまんないな…」
 つい好奇心が働いた。
 ちょっといつもと違うルートにしよう!





 …こういう所 も自分は山猫らしくないのかもしれない。




 山猫は臆病で警戒心が強いはずなのにノアは小さい頃から行動力と好奇心が旺盛だった。
 「それでもちゃんと生きてるっっと!」
 ぽんと背の低い木を跳び、跨ぎ、地面に着地…。





 「う、ぁぁあああっ!」
 地面だと思った先には地面がなく、斜めに切り出した崖下に向かって転がり落ちていく。
 途中で体勢を整えてどうにかしようとするが崖に生えている木の枝などに身体がひっかかり邪魔されてそれもうまくいかない。





 この自分が崖から落ちるなんて!
 ありえない!と思いながら必死につかまる所はないか、ひっかかる場所は、体勢を、とノアの頭の中は必死だ。
 何かに掴 まろうと必死に手を伸ばし、その爪に引っかかったのは崖から小さな棚が突き出し、さらにそこから木が生えていた所だった。

 その木の枝をノアは運よく上手い具合に掴むことが出来たらしい。みしりと枝がしなっていたがノアはほっと安堵の溜息を吐き出した。





 「助かった…」
 ノアはぶらんとぶら下がった身体に反動をつけをひょいと狭い、ようやくノアの身体が乗る位の棚の上に飛び移る。
 「いっっっ!」





ノア





 やばい…!足を…。
 ずきずきと足が痛んだ。かすり傷や擦り傷もいっぱいだ。そんなのは舐めれば治るだろうけど…足はかなり痛む。しかし崖下を見ればまだ崖は続いている。この足で降りるのは無理そうだ…。
 アオーーーン… …。
 誰か…!
 ノアは無駄だと思いつつ声を上げた。



※※※


※このお話とイラストの著作権、版権は、はのん様と坂崎若にあります。文章、並びに画像の無断転載等はご遠慮くださいませ。


↓ポチっと押して頂けると頑張れそうです(*´▽`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村


あなたの悲しみに寄りそう

あの日から三年経ってしまった。
もう三年、まだ三年…。


あの日の衝撃は、今でも生々しく脳裏に残っている。
数時間前まで自分が居た場所が、その姿を変えてしまった。


自然の猛威の下には、人間とはなんと無力なのだろう…。


それでも、生きる。
生きなければならない。
それが生あるものの最大の務めである、そう思うから…。


三年という月日が経っても、癒えることのない悲しみがある。


私に出来ること。
それはあの日のことを絶対に忘れず、悲しみに寄りそうこと。
非力な自分に出来ることはそれしかないのだけれど、これだけは永久に続けていきたい。


”リンドウ”の花言葉は”あなたの悲しみに寄りそう”。
この花に思いを添えて、鎮魂の涙を流す。


鎮魂


坂崎若でした。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村


コラボさせて頂きました♪partⅡ

坂崎若です!


はのん様とのコラボの第二弾です


今回の登場人物は、これからシオンとカイに係わってくる…ようです(笑)
二人だけでイチャコラも良いですが、やっぱり他の子も居ないと~!…ということで
はのん様のお話を書くスピードは素晴らしいです!!
ワタシのざっくり描いたラフからこんなステキなお話を
一番最初に描いたときとは少し絵柄に手を加えました。
前のがチョッとイイ子ちゃんっぽかったので(苦笑)


キャラの名前もまた考えて頂きました!
ワタシが付けるとタロウとかジロウになっちゃうのでっっ(爆)


それではご覧くださいませ~


はのん様のステキブログはこちらです♪『はのんのBL部屋』


坂崎若でした!


※※※


『月よ星よ』


<登場人物>


トールアイコン『トール』…頬に傷のある灰色狼。傷にはある理由が…。


※※※


「トール!何処へ行く!」
 「ああん?ちょっと遊びに行ってくらぁ」
 「時期村長(むらおさ)候補なのだから…きち んとしきたりの勉強を…トール!」
 「村長なんて俺なんなくて別にいーよ。しばらく帰ってこな い。じゃ!」




トール





 「トール!」
 年寄り連中が騒いでいるがトールは気にせず村の集落から離れようとした。
 「トール!どこ行くの?」
 「ちょっと外に行ってくる」
 いつもトールにくっ付いてくる幼馴染が走って近寄って来る。
 「また…?あんまり村の外に出るのは…危険だろ…?」

 そうだけど、トールは今までも何回も村の外に出かけて無事に帰ってきている。
 「今更だ。それで万が一な事があったとしてもそれが俺の運命だったって事さ!……それと、もし村に何かあれば遠吠で知らせろ」

 「…うん、それは…トールがここでは一番強いし…」





 トールは無性に一人で無茶をしたくなる時がある。
 村 で灰色狼は今はトールただ一人だった。

 父狼は立派な体躯のかっこいい灰色狼だった。村で一番強くて…。





 トールは自分の傷ついた頬を撫でた。
 本当は村長には順当にいけばトールの父親がなるはずだった。父狼は村でも一番強くて一番かっこいい灰色狼だったんだから。





 あの縄張り争いがなければ…。
 いや、自分がちゃんと言う事を聞いていれば…。





 村が襲撃されたのはトールがまだ幼い頃だった。突然の襲撃に村を守る為若い狼は皆闘いに出た。隠れ穴に潜んだのは幼い子狼と年寄りだけ。
 トールもまだ大人になりきってはいなかった。だが、他の子狼よりも身体も大きくそして強かった。

 ……それに自 惚 れていたんだ。





 自分も!と 襲撃から守る闘いにトールは自ら穴を出た。自分も役に立ちたかった。

 だが、い くら灰色狼とはいえまだ成熟しきっていない子供。あっという間に敵狼に囲まれ餌食になった。
 それに気付いた父狼はトールを守る為に雄叫びを上げ突進し何匹もの狼の餌食となっていた中からトールを助け出し、……そして代わりに餌食となった。
 助け出した傷だらけのトールを咥えていたので父狼は反撃をする事も出来ず、攻撃を受けるだけ受けて…その中でトールを助けだしたんだ。傷だらけになりながら…。





 トールは今でも鮮やかに父狼のその姿が脳裏に残っている。




 トールは父狼の姿を思い出してしまうと顔を顰め、村を離れながら奥歯をぐっと噛み締めた。
 父狼が身を呈して救ってくれた命と村。
 トールも勿論村は守りたいと思っている …… だが、そう は思っているがやるせなくなって仕方なくなる時があるのだ。
 同じ時に母も闘いで失い、そしてトールは生き残った者達の中で、この村で育った。

 

 トールに課せられている事は誰よりも強い狼になる事だ。そして父と母狼が守ったこの村を守る事。
 その時の 傷痕であるこの頬の傷は自分への戒めだ。





 トールは村を離れて森の奥深くへと進んでいった。


※※※


※このお話とイラストの著作権、版権は、はのん様と坂崎若にあります。文章、並びに画像の無断転載等はご遠慮くださいませ。


↓ポチっと押して頂けると頑張れそうです(*´ω`*)
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BLオリジナルイラストへ
にほんブログ村


     
プロフィール

坂崎若

Author:坂崎若
オリジナルのBLイラストをアナログで描いてます。
最近はコピックでのイラストを特訓中!モノクロは昔ながらの付けペンとトーンを使用(笑)
BLイラストなので苦手な方はご遠慮願います。(たま~に年齢制限付きの場合もありますのでご注意ください)
隠れ主腐なので、自分時間で不定期更新中!
※誹謗中傷はご遠慮くださいませm(__)m
尚、著作権は放棄しておりませんので画像等の無断使用もご遠慮願います。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

にほんブログ村
↓ポチッっと押して頂けるとウレシイです♥
にほんブログ村
↓こちらもランキング参加中です♥
来訪者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンクサイト様(五十音順です)
QRコード
QR